YouTubeで稼ぐには?

YouTubeで動画を投稿して稼ぐ、という話はもう何年も前から有名な話ですよね。

動画広告市場の勢いは年々増加しており、動画の広告で稼ぐ手法は誰もが知る方法でもあります。

YouTuberという職業は年代問わず聞き覚えがあると思います。

では、そもそもYouTuberとはどうやってなるのか?YouTubeでお金を貰う、稼ぐ為の仕組みはどうなっているのか?

今回はここを解説していきます。

YouTuberとは?

簡単に言うと、「自作の動画をYouTubeに投稿している人」の事を言います。

投稿されている動画のジャンルは様々で、ゲームの実況や、新商品を買って実際にレビューや紹介を行うもの、面白可笑しいアイディアを持ち寄って、バラエティ番組のような配信をする人もいます。

最近ではアニメのキャラクターのようなCGを使って動画投稿を行うVirtual YouTuber(バーチャルユーチューバー)という方々がいたり、芸能人が参入している事も見受けられます。

ここ近年での小中学生の将来なりたい職業ランキングなどにも良くYouTuberという職業がランクインされる程、若年層からは憧れの職業として有名な存在だと言えますね。

YouTubeで上手く稼ぐには?

では自作の動画を投稿すれば稼げる!と言うわけではなく、YouTubeの動画で収益を上げるには幾つかの条件があります。

まずは「YouTubeパートナープログラム」に参加する事が条件であり、参加する為には5つの条件を満たす必要があります。

簡単に記載すると

1.YouTubeの収益化ルールを満たしている事
2.パートナープログラムを利用可能な国に在住している事
3.公開動画の総再生時間が直近12ヶ月以内で4,000時間以上
4.チャンネル登録者数が1,000人以上
5.AdSenseアカウントを所持している事

この5つがパートナープログラム参加の資格を得る為の条件となります。

YouTubeで収益を上げるには、ルールを遵守しつつ最初に幾つかの動画を投稿しないといけないようです。

晴れて条件を満たしたら、いよいよ収益化!という事ですが、収益を上げるにあたって一番有名な方法は広告収入(Googleアドセンス)を得る事です。

YouTube上の動画に広告を掲載し、その広告料を収入とする方法です。

テレビのCMみたいなもので、普段からYouTubeを見た事がある人なら見覚えがあると思います。

YouTuberの多くが、この広告収入で収益を上げています。

広告が掲載出来るようになれば、後は定期的に動画を配信するだけで、視聴してもらえた分だけ収入を得る事が出来ます。

収益化までの道のりは少し長いですが、一度達成してしまえば投稿した動画はずっと生き続け、再生してもらえる限り収益を上げる事が出来るので、まずはパートナープログラムへの参加資格を得る事が大切です。

ある程度動画投稿にも慣れてきたら、動画のライブ配信(生放送みたいなもの)を行い視聴者に支援金を受け付けて貰うスーパーチャットや、自身のチャンネルに登録した人へ特典を用意して有料でチャンネル登録を行って貰うYouTubeチャンネルメンバーシップなどにも手をつけていけば更に収益を上げられるかもしれませんね。

おすすめの記事