WEBライターで稼ぐ

副業を探していると、在宅で手軽に稼げる方法としてWEBライターや記事作成という言葉を見かけることがあると思います。

WEBライターはパソコンやケータイがあれば、簡単に始めることができるので、初心者でもチャレンジしやすく人気のある副業です。

WEBライターを始めてみたいという人のために詳細を説明するので、要点を押さえておきましょう。

WEBライターとは

WEBライターとは、インターネット上での記事を作成する人のことです。

インターネット上での記事を作成する仕事のことを、WEBライティングといいます。

WEBライティングには特別な資格は必要ありません。そのため、副業初心者でも簡単に始めることができます。

WEBライティングの多くが企業や個人から発注を受けてテーマに沿った記事を作成する仕事になります。その場合、文字数やキーワード等が指定されていることもあります。

発注を受けて書いた記事は、インターネット上のWEBマガジンやブログに掲載されます。

インターネット上に記事を載せることにより、WEBマガジンの検索順位を上げたり、インターネット上で商品を販売するECサイトの売れ行きを上げたり、広告用のページに誘導することができます。

WEBライターで稼ぐには

まず、WEBライターを始めてみたい方にオススメなのは「クラウドソーシングサービス」を利用することです。

クラウドソーシングサービスとは、仕事の発注をしたい人がフリーランスなどの不特定多数の人にその仕事を委託する仕組みです。

しかし、クラウドソーシングサービス内のWEBライターの仕事は1文字0.1円というものもあり、経験も実績もない初心者が最初から大きく稼ぐのは、なかなか難しいものです。

例えば、一文字0.1円で1000文字の記事を作成した場合100円の報酬となります。

また、クラウドソーシングサービス利用の手数料が報酬から差し引かれるので、実際に手元に入ってくるのは、もっと少ないと考えたほうがいいでしょう。

最初のうちは時給が50円ということもよくあることです。

WEBライターとして稼げるようになるには、この一文字単価を上げる必要があります。

まずは、仕事を多く受注して実績を作り、文字単価の高い仕事が取れるようにしていきましょう。

また、英語や中国語等の語学スキルや、ITやプログラミング等の専門知識がある場合には、自分の強みとして活かすのも大切です。他人にはないスキルがあれば、積極的にアピールしていきましょう。

ある程度WEBライティングに慣れてきて、執筆のノウハウがたまってきたら「SEOライティング」を身に着けると、受注の幅が大きく広がります。SEOライティングを勉強してスキルを高めるのもいいかもしれません。

おすすめの記事