データ入力で稼ぐ

データ入力は、家事や仕事のスキマ時間に在宅でできる仕事です。

特別な資格は必要なく、文字や数字の入力ができれば誰にでも始められます。

データ入力について詳しく書いていくので、初めてみようと思っている方は参考にしてください。

データ入力とは

データ入力とは、その名の通りパソコンを使ってデータを入力する仕事のことです。

データ入力の主な仕事内容は、紙やPDFに書いてある文字情報をWordやExcelに入力することです。

例えば、名刺の画像を見ながら名前・住所・連絡先を入力する、レシートの画像を見ながら品目や金額を入力する、商品画像を見ながら店名・商品名・金額を入力するなど多岐にわたります。

他にも、会議や講演の音声データを文字情報として書き起こすというものや、インターネットでの検索結果をコピー&ペーストするというものもあります。

データ入力で上手く稼ぐには

データ入力で収入を得たいと考えている方は、クラウドソーシングサイトを利用して仕事を受注するのがおすすめです。

クラウドソーシングサイトには多くの案件が登録されていますので、自分の作業量や使える時間に見合った仕事を見つけることができます。

コツコツと報酬を積み重ねていくデータ入力では継続していくことがポイントになります。

データ入力では、一日に作業できる量に限界があります。

納期限や入力目標がある場合は、計画的にコツコツと作業していくことが大切になります。

単純作業で飽きてしまったり、集中力が続かなかったりと、頓挫してしまうことがないよう、はじめのうちは少量の案件からスタートしてみるのをオススメします。

そして、データ入力の作業自体は単純なものが多く、誰にでもできるので報酬単価が低いという側面もあります。

データ入力の報酬のほとんどが1文字0.1円~1円の成果報酬型なので、まとまった金額にするためにはそれなりの作業量が必要になります。

そのため、ブラインドタッチの習得や、タイピングスピードを上げることが、データ入力で稼ぐことには大きく関わってきます。

無料で練習できるサイトがたくさんあるので、タイピングスピードを上げたい方は練習するのもいいですね。

おすすめの記事