すぐに稼げるアルバイトや在宅ワーク、即金性のある副業

MENU

交通量調査で稼ぐ

交通量調査のアルバイトと言えば、昔から大人気のアルバイトですよね。

 

人や車が通る度にカウンターを押すだけの単純作業として知っている方や見たことがある方が多いと思います。

 

改めてこの交通量調査が副業としてどうなのかをまとめてみたので、是非読んでみて下さい。

 

交通量調査とは?

前途の通り、カウンターを押すだけの仕事です。

 

交差点やお店の入り口などに腰掛け、通りがかった車の車種や種別のカウント、人の性別や年代を分類してカウントしていくのが主な業務内容です。

 

大手の事業者が依頼主として位置していることが多く、近辺の事前調査や市場調査などが主な理由となります。

 

実際の調査は一人で行うのでは無く、複数人で分けて行う事が多いです。

 

交通量調査は副業として行うにはもってこいで、資格も経験も一切いりません。

 

体を使う仕事でもないので、力仕事が苦手な方、頭を使うのが苦手な方でも簡単にこなすことが出来るのが最大の利点であり、人気の理由でもあります。

 

そして単発の仕事である事が、副業としておすすめな一番の理由です。

 

自分が空いている日に交通量調査のアルバイトが見つかれば、それだけで稼ぐことが出来ます。

 


交通量調査で上手く稼ぐには?

交通量調査のアルバイトは一般の求人サイトで探す事になります。
が、大概が単発であることから常に募集があるわけでは無いので、安定して稼ぎ続けることに関しては不安が残るという点には注意が必要です。
定期的に見つけたいという方は、単純に募集を捜すのでは無く、会員登録なども利用して募集が自分の元に届くようにする、などの処置を施すのも有効です。

 

交通量調査員の実際の収入ですが、その時の拘束時間によって変わる場合が多いようです。
一番多くて24時間拘束というものがあり、大体2万〜3万くらいの収入を得られます。
一番短い8時間の勤務では大体1万〜前後では無いでしょうか。これでも充分ですよね。
即金で報酬がもらえることが多いので、そちらも利点になると思います。

 

後の注意点としては、自身の体調管理についてです。

 

交通量調査は勿論野外で行われるものがほとんどなので、特に暑さや寒さの厳しい夏場と冬場は注意が必要です。

 

長時間暑さにさらされて熱中症や脱水症状になったり、寒さのせいで風邪を引いたりしないように、勤務を開始する前には環境に応じた準備をきちんとする事も大切になってきます。

 

身体を壊してしまっては、働けるものも働けなくなります。

 

募集自体はそこまで多くないので思うように探す事は難しいかもしれませんが、副業として考えるならトップクラスに単純かつ高収入を狙える交通量調査、求人サイトなどで見かけたらすぐに募集してみる事をおすすめします。