MENU

スマホで副業をする時のデメリット

スマホで副業を行うにあたってのポイントやメリット、こちらに関しては既に当サイトでも紹介を行っていますが、良いところがあれば悪いところも勿論存在します。

 

今回はスマホで副業を行うにあたってのデメリット、に焦点を当てて解説していきます。

 

少しでも参考になるように解説しますので、良ければ是非読んでみて下さい。

 


スマホで副業をする時のデメリットは?

持ち運びが自由で利用場所を選ばないスマートフォンはとても便利で、今や生活の必需品となっていますが、副業を行う時にどのような部分がデメリットになるのか、いくつかの例を挙げてみました。

 

 

・画面が小さい

 

タブレットやパソコンと違って、スマホはポケットに入る程度の大きさで製造されていることが殆どです。

 

そのことから、画面がパソコンなどと比べて小さいという点がデメリットとして挙げられます。

 

大きな画面で行うよりも編集作業などはやりにくくなりますし、小さい画面を注視することにより眼の疲れなどにも影響してしまいます。

 

ライティングやデータ入力などの文字が多くなりがちなお仕事はパソコンの方が向いていることが多いので、あくまでもメインはパソコンで、ちょっとした編集作業程度でスマホを用いるのが理想です。

 

 

・故障、紛失などによるデータ消失

 

スマホを普段から持ち歩くのは殆どの方にとっては当たり前の行為だと思います。

 

ですが、日常的に持ち歩いているからこそトラブルにも見舞われやすく、落下させてしまい破損したり、どこかに置き忘れてしまって失くしてしまう、といったこともあり得ます。

 

そういったトラブルが元になり、お仕事のデータやプライベートのデータなどが無くなってしまうこともあるので、普段からしっかりと気を付けておくと良いかと思います。

 

スマホで副業をする時のメリットでも紹介しましたが、クラウドサーバーなどにデータを預けておけば消失は免れるので、そういったサービスの利用に加えてスマホ本体にはしっかりとロックをかけておくなどしておくと安全です。

 

 

・プライベートとビジネスが混在してしまう

 

本来スマホはプライベートで所持している方が大半ではないでしょうか。

 

スマホで副業を行うということは、スマホにお仕事の通知やお知らせがよく入ってくることになります。

 

それによってプライベートの通知と混ざってしまったり、お仕事をしていない時でもお仕事に関する通知が入ってしまったりして気疲れする…なんてこともあり得ます。

 

プライベートで利用しているものとお仕事で利用しているもので設定を分けたり、他記事でも触れている通りサブでもう一台スマホを所有する、といった手もあります。

 

おおまかにスマホで副業をする時のデメリットを挙げさせて頂きましたが、どれも他のことで十分カバー可能なデメリットなので、これからスマホで副業を行おうと考えている方は参考にしてみて下さいね。